AGAを改善する薬がある

髪の悩みは男性にも女性にもあります。どちらにも言えることは基本的には年齢とともに髪の毛が抜けてしまったり、髪の毛のボリュームがなくなってしまうことがあります。
男性によくみられる薄毛の症状がAGAといわれる男性型脱毛症のことです。これは年齢が若いころから起こることもあり、前髪の生え際の髪が抜けて徐々に後退していくようになったり、頭頂部が円形に髪が抜けてしまい薄くなってくるという症状なのです。
AGAはいつ始まるのかわからず、お風呂などでシャンプー時に抜け毛が多くなったと気づくか、最近髪のセットが決まらなくなったと気づくか、または理髪店などで相談できればいいですが、そのほとんどは自分ではあまり意識しないうちに進行してしまいます。毎日鏡などで自分の容姿を見ているのですが、その進行がゆっくりなので気づかないのです。
このAGAには髪の毛が抜けやすくなる原因があります。それはヘアサイクルです。
通常髪の毛は4年から6年かけて抜けかわります。髪の毛は伸びていますが、いつまでも伸びるわけではありません。それは成長期があり、その期間が長ければ太く強い髪の毛が伸びますが、やがて成長が衰える後退期を迎えて、成長が止まる休止期となります。
まだこの段階で髪の毛が抜けてしまうわけではありませんが、毛根から次の髪の毛が生えてくると、押し出されるように抜けかわるのです。
これがヘアサイクルなのですが、このサイクルが乱れてしまい、十分に髪の毛が成長するまえに抜けてしまうのです。
成長より抜けるスピードが速くなり、また髪質も細く弱くなってしまうため、髪が抜けて薄くなり、ハリやコシのない髪の毛となりセットも決まらなくなるのです。
原因としてはホルモンバランスや生活環境の変化などによって、頭皮の血行不良を起こしてしまうためです。
AGAは頭皮に対して正しいケアを行い、ヘアサイクルを正常に戻すことで改善することができるのです。
その改善には薬も何種類かあります。飲み薬や頭皮に塗る薬もあります。正しく使用してきちんとケアを行うことで頭皮の血行不良も改善し、髪に必要な酸素や栄養分を運べるようにすることで改善が可能なのです。
ヘアサイクルは4年から6年が正常であるということですが、AGAはそれが乱れている状態でもあります。それでも数か月から数年のサイクルがあります。
要はケアを行い正常に戻すにはそれなりに期間が必要で継続することが必要なのです。専門医などとよく相談して治療を行うことが大切です。

■安価なAGA治療薬買うならここ
フィンペシア
イトラコナゾール