毛穴に詰まった油を洗って頭皮環境の改善を

頭皮の毛穴は、人間の体の中でも油っぽくなりやすい部位として知られています。この理由は頭皮には数多くの毛穴が集まっているためで、足の裏のようにほとんどない部位に比べると油っぽくなりやすいのです。また場所的にも油が染み出しやすくなっており、これは顔と近いことが理由としてあげられます。人間の顔は洗顔をしても皮脂が浮き出やすい箇所で、対策するための商品も多く販売されています。その顔とつながっていることから、頭も同じように皮脂が排出されやすいと考えられています。

皮脂は肌の表面を保護するために必要な成分ですが、多く出すぎるとマイナスの側面もあります。例えば皮脂によってベタつきが見られたり、テカリの原因にもなります。さらに問題なのが頭皮の毛穴に油が詰まってしまう現象で、これが起こると毛髪の成長にも影響を与えてしまいます。健康な髪の毛を育てるためには頭皮環境を改善することが大切なだけに、皮脂の問題はいち早く解決すべきものと言えます。

頭皮の毛穴に詰まる油の問題を解決するには、丁寧な洗髪がカギを握ります。多くの人は洗髪というとシャンプーを付けて洗い流せばいいと思っていますが、実際はそうではありません。シャンプーをしっかりと泡立てて頭全体をマッサージするように洗わない限り、汚れは十分に落ちないからです。丁寧な洗髪を心がけるためには、まずはシャンプーを泡立てることから始めます。髪の毛は水で濡らし、その上からシャンプーを付けて泡立てるようにしてください。次に頭皮をマッサージするように指先をゆっくりと動かします。毛穴の奥に詰まった油については、ここでマッサージすることで洗い落とすことができます。こうして丁寧に洗うことで、頭皮環境が改善され髪の毛も健康的に成長するのです。